名物ケーキ「クラシックショコラ」

その先には民家しかないように見える路地奥の、まさしく“穴場”的であり、“隠れ家”的なカフェ、火裏蓮花。鰻屋さんの裏手という立地と石畳をワクワクしつつ進んでいくと、店内にのんびりした空気が漂っているのは、きっと経営されているご夫婦の人柄じゃないかと、いつも思うんです。

火裏蓮花を紹介する時に忘れちゃいけないのが、手作りで提供されているケーキの数々。その中でも名物となっているのがクラシックショコラで、そのホロ苦さと香りの深さ、しっとりした口当たりが名物とまで言われるようになった理由です。そのクラシックショコラが通販でも購入できるようになりました。

人気のカフェ、火裏蓮花

一時期、ほとんどの関西系の情報誌や女性誌に取り上げられ、バタバタした時期があり、まだ知られていない頃から通っていた人達が離れたこともありました。友人のひとりがオープンした頃からのお客さんで、紹介されて初めて来店した直後のことでした。

それからしばらく遠ざかっていたのですが、「最近はまた前みたいにのんびりできるよ」って聞いてから、月に一度くらいのペースで行くようになりました。町家独特の奥に長い造り、玄関に小さな庭があり、店内の奥にも坪庭があります。冬には古めかしい石油ストーブが温かみを添え、店内のランプや花器にもぜひ注目を。

通販で購入できるケーキ(休止になったようです)

名物「クラシックショコラ」のほか、現在は「抹茶ミルク」と「ブルーチーズのケーキ」も購入可能です。抹茶ミルクは抹茶の香りが高く、しっとりした舌触り。ブルーチーズのケーキはもう一つの名物と言ってもいいと思っていて、こちらもおすすめしたい一品です。

冷凍された状態で届きますから冷蔵庫でゆっくりと解凍したあと、食べる前に電子レンジで軽く温めると、香りと口当たりが良くなります。お店ではその他にもいくつかのケーキがありますから、今後は種類が増えていくかも知れません。

楽天市場を通して販売されていますので、楽天カード が利用できます。楽天カードで購入すると、楽天市場でのお買物がいつでもポイント2倍! になりますよ。

店舗データ

  • Twitter:cafe 火裏蓮花
  • 場所:京都市中京区柳馬場通姉小路上ル東側、梅乃井さんの南側の路地奥

カフェ火裏蓮花について書かれた記事へのリンク